toggle
2016-04-03

ただの人から何になるか

 

前回の続き。

 

素晴らしい出会いが人生をつくる。

 

考えてみたら、出会いがこう、数珠繋ぎみたいにつながってたんです。

あらためて、出会いに感謝だなぁと思います。

 

 


はじまりはここから


 

2014年の秋。

 

会社員を辞めました。

ちょうどその頃、東京で行われた 成田まなかさん主催の “冷えとりマルシェ” にはじめて遊びに行ったんです。

 

IMG_1987

こんなん買いました

 

そこで出店されていた “いな暮らし” の萌さんと出会いました。

萌さんは稲城市の魅力やお店のこと、たくさんお話してくれました。

私は、ただの冷えとりをしてるだけの人。

 

萌さんと出会うまで、いな暮らしはもちろん、稲城市も知りませんでした。

(稲城のみなさん、ごめんなさい。)

萌さんの魅力にすっかり虜になった私は、「今度お店に遊びに行きます!」と言ったのです。

 

 

そして2015年の春。

いな暮らしさんでイベントがあるというのを知って、遊びに行こう!と思い立ちました。

 

IMG_5177

この奥には人がたくさん!

 

イベントは大盛況の大賑わい。

そんななか、壁に貼られた一枚のお知らせが目に入ったのです。

 

冷えとりヨガ

 

「なになになにーーーっ!!!冷えとりヨガって!!初めて聞いたっ!!」

 

IMG_5179

写真撮ってたーっ!笑

 

ヒエトリヨギーニ まりえさんの冷えとりヨガ、

いな暮らしさんで開催のお知らせだったのです。

 

その場ですぐに参加を申し込みました。

 

 


はじまりはヒエトリヨギーニ


 

IMG_6586

冷えとりヨガの参加者さんとパチリ

 

彼女がいな暮らしさんではじめた

冷えとりヨガ第1回目に参加したのが出会いです。

 

第一印象は “湖のような人”

イメージがなんかこう、澄んだ水、深い、透明な…?

 

お肌が潤っているからかもしれません(笑)

 

 

いな暮らしさんでの毎月の冷えとりヨガに何度か参加させてもらううち、

まりえさんともお話をするようになり、

冷えとりヨガ参加者同士で仲良くなったり。

 

わたしにとって、この冷えとりヨガでのたくさんの出会いが今に繋がっていて。

カードリーディングのムーン姉さん

マクロビ料理教室@homebase みどりさん

 

ヒエトリヨギーニ、彼女は良縁スポットです。

 

 


ただの冷えとりしてる人から


 

この時点ではまだ、わたしは “ただの冷えとりしてる人” です。

Instagramで冷えとりファッションの公開をはじめて半年くらい経ってたのかな。

ただ、それだけです。

 

そんなある日、冷えとりヨガ後にまりえさんと話していた時のこと。

わたし、ポツリと言ったんです。

 

「冷えとり関係のなんか…なんかしたいな〜みたいのはある。」

 

 ざ・ ぼんやり(笑)

 

そしたらまりえさんが真顔で(こんなぼんやりに対して)

 

「お話会とかしたらどうですか?」

 

おっお話会とな?!

 

そのまま、まりえさんがいな暮らしの萌さんに話をもっていってくれて、

あれよあれよという間に…

 

いな暮らしさんでのイベントに

冷えとりお茶会主催で参加させていただくことに!

 

冷えとりお茶会を主催する冷えとりさんになった瞬間です。

 

 


旅する冷えとり靴下屋 誕生


 

冷えとりお茶会を開催すると決まった日から

わたしは悩んでいました。

 

「わたし、ただInstagramで冷えとりファッション公開してるってだけの人なのに…いいのかなぁ」

 

って。

 

今考えると、良いも悪いもないんですけどね(笑)

 

IMG_0606

ヨガ後はみんなでいな暮らしさんのランチ

 

そんな頃、またまた参加していた冷えとりヨガで出会ったある参加者さん。

とっても明るく好奇心旺盛な方で、冷えとり健康法にも興味津々でした。

 

「その冷えとり靴下はどこで買えるの?」

 

冷えとり靴下を売っているお店はまだまだ限られています。

手軽に購入ならネット通販かなぁ〜と通販サイトをいくつかオススメしたのですが、

 

「ネット通販したことないし…。やっぱり買うなら試着もしたいわ。」

 

そりゃそうですよね〜。

わたしだってわからないものは触ってみてから購入したい。

 

ちょうどその頃、今スタッフをさせてもらっている冷えとりショップで

スタッフとして採用されたばかり。

 

「今度、お店の商品持ってきましょうか?試着もありますし。」

 

お店の靴下をわたしが購入して、

もしこの方が欲しいと言ってくださったらお譲りしよう、そう考えました。

 

「あら!ほんと?!嬉しいわ!」

 

そして彼女はこう言ってくれました。

 

「わたしみたいに触ってみてから購入したいって人、いるんじゃないかな。

あなたが靴下持って売り歩くっていうのはどう?」

 

その瞬間、わたしの中で何かがつながりました。

これだ!って。

わたしのしたいこと、これだ!

 

こうして全国を旅する冷えとり靴下屋は誕生しました。

彼女はわたしに気づきを与えてくれた大切な恩人です。

 

それからは旅する冷えとり靴下屋としてお茶会を開催したり

イベントに参加させてもらったり。

最近は、まりえさんと 冷えとりあそびば というイベント企画団体?をはじめたり。

 

毎日なにかしら冷えとりに関わることを考える楽しい日々です。

 

 


これからのわたし


 

さて、前回「派遣辞めるんですよ」と言ったわたし、

その空いた時間をどうするか?

 

お待たせしました(笑)

 

わたしはたくさんの出会いによって

“ただの冷えとりしてる人”から

“旅する冷えとり靴下屋”にしてもらいました。

 

わたしの力ではなく、みなさんのお力です。

 

だから、これからもみなさんのお言葉に導かれようと思います!

 

つまり、アドバイスはそのまま受け入れる。

もっと簡単に言うと、頼まれごとは断らない・言われたとおりにやってみる。

 

自分の得意なことって自分でよくわからないんですよね。

 

 


こんなことやっていきます


 

アドバイス その1

「naoさんお洋服作れるんだし、冷えとりさん向けの天然素材のお洋服とか作って販売したらどう?」

 

▷天然素材の冷えとりさん向けお洋服作りまーす!

 今のところはオーダー製作で。

すでにオーダーいただいてるので製作頑張ります!

 

 

アドバイス その2

「なにを着ればいいかわからない、冷えとりファッション迷子さんのお宅に訪問してコーディネート提案するのどうですか?」

 

▷なんかおもしろそう!

お宅訪問してもOKな方、ぜひご連絡くださーい♡

 

 

アドバイス その3

「お茶会に参加したいけど、ひとりで参加するのはちょっと不安…。naoさんとちょっとお話できたら嬉しいなぁ。」

 

▷ぜんっぜん問題ないですよ!いつでもどこでも行きますよ!

ついでに旅もできちゃうし、わたしにとってはメリットだらけ(笑)

お気軽にお声がけくださーい♡

 

 

アドバイス その4

「身体のことを考えた、でも男性にドン引きされない下着があったら欲しい〜!」

 

▷あ、わたしランジェリーデザイナーだったんだわ!

そういえばそうでした、昔作ってたんですよ、下着。

ということで、ただいま下着も開発中!!

 

 

そんな感じでいろいろスタートしてたり、募集してたり!

 

これからもみなさんからの「あんなことどう?」に導かれ、

進化する “旅する冷えとり靴下屋” をどうぞよろしくお願いします♡

 

そして、これまで出会ってくださったすべての方々に心から感謝いたします。

 

ありがとうございますっ♡

 

 

 

 

 

 

 

 


関連記事

コメント2件

  • 北角 明日美 より:

    富山…是非に来てほしいです‼きっと、冷えとりの浸透はまだ全然な県ですが(*_*)

    いつか、いつでも、お待ちしています☆(´・∀・)

    • nao より:

      北角 明日美さん

      はじめまして☺︎コメントありがとうございます♡
      富山ーっ!!行ってみたいです!
      ぜひお茶してくださーい♡
      また改めてメールさせてくださいね♡

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です