toggle
2016-08-21

わたしの世界が変わる〜冷えとりと出会ってから〜

わたしの世界が変わる〜幼少期から社会人まで〜

わたしの世界が変わる〜会社員時代〜

 

ときまして、今回は冷えとりと出会ってから現在まで。

まさかの3部作!

こんなことになるなんて本人がいちばん想定外でした(泣)

 

 

冷えとり健康法を実践する


靴下のメーカーに勤めて1年半ほど経った頃、

職場で「冷えとり健康法」を知りました。

 

IMG_0861

 

当時の生活や仕事、自分に対するイライラと

風邪をひきやすい体質だった自分を

“冷えとりガールのスタイルブック”で紹介されているような

キラキラガールに変えてくれるのかもしれない!

そんな期待で冷えとり健康法をスタートしました。

 

最初の頃は、まーったくなんの変化もなかったです。

ただ、スタートしたのが秋頃だったので冬も暖かく過ごすことができて

「温めるって気持ちいいな〜」という実感だけはありました。

 

スタートして半年くらい経った頃、

一枚目のシルク5本指の親指部分に穴があきました。

うれしかったなぁ!

本当に穴があくんだ!とワクワクしました。

それからはもうバカスカ穴があきまくり…

現在に至っては、少し切なくなるほどです。(コスパの面でね…)

 

めんげんもいろいろありました。

これはもう、ながーくなるので今回はひとつだけ。

靴下に色がついていたことがありました。

IMG_8437

ケチャップ踏んづけたとかではありません

 

シルクの3枚目と5枚目とウールの4枚目。

冷えとりをはじめて2年経った頃だったかな?

 

 

冷えとりで変わったこと


まずは、風邪をひかなくなったこと!

これは大きかったです。

気管支が弱くていつも咳をしていたのに、

マスクが必要なくなりました。

冬の風物詩だった年末年始の高熱もなくなりました。

酷かった花粉症も耐え切れず毎年薬を飲んでいたのが、

薬を飲まなくても平気なレベルに落ち着きました。

 

そして、疲れにくくなりました。

平日は仕事でイライラ、ピリピリ。

休日はその疲れで何をする気力もないほどぐったりだったのが、

平日にも休日にもなんだか余力があるんです。

(仕事量は変わっていません、念のため 笑)

 

余力がある=なんだか元気!なので

休日は行きたかったところに出かける余裕ができました。

いろんなイベントに行ってまた出会いがあって。

その出会いから、また新しい出会いにつながったり。

久しぶりに、人とのつながり(数珠つなぎ的)を体感して

あの頃のワクワクを思い出し、楽しくなってきたんです。

 

 

心にも変化が!


IMG_2208うまく笑えない 2012年頃

 

なんと、写真に撮られるようになったのですよ!

あんなに写真が嫌いで、撮る側専門だった自分には大事件!(笑)

 

でも、変化はなんとなーくだったんです。

ある日、なんとなーく別に写真くらいいいじゃない、と思えたんです。

わたしの凝り固まった自意識がゆるんできていたのかもしれません。

 

そして、自分に自信がなくて、自分のことが好きになれなかったわたしが

ある日ふと「きれいになりたい」と思ったんです。

IMG_5666今より老けていると言われる2013年頃

 

写真に映るようになったことも関係あるかもしれませんが

お肌がきれいな人になりたい!と食生活の改善を始めました。

冷えとりをはじめていたので、美しさは体内から!と気づいたんですね。

以前のわたしは、ちょっと高めの化粧品に頼ってばかりで

食生活はそれはもう、ひどいものでした。(自炊する気力もないし)

 

IMG_0820ずいぶん笑顔になった 2014年

 

 

元気になって気づいたこと


わたしはみるみる元気になりました。

体調もいいし、気力もある。

 

新しいことをはじめる→新しい出会いがある→楽しい!→笑顔!

 

この頃、周りから「なんだか変わったね」と褒めてもらえるようになりました。

付き合う人も変わっていき、なんだか毎日が楽しくなってきたのです。

 

まさに、身体が変わると心も変わる!を体感していました。

 

 

そして人生を考える


気力も体力もあり、仕事も順調でした。

でも冷えとりをはじめて3年くらい経った頃、ふと思ったんです。

 

「わたし、いつまでここで働くんだろう」

 

この会社にもたくさんお世話になりました。

東京どん底生活時代に打ち砕かれた自信を

取り戻させてくれるようなありがたい評価もしていただきました。

 

だけど、この会社での5年後、10年後の自分がまったく想像できなかったのです。

 

銀行の通帳を見ると、そこにはわたしのこれまでの人生で最大の残高がありました。

 

それまでのわたしはいつも「お金がない、お金がない」と思っていたんです。

どん底時代の惨めな思いをしたくない、という思いもあって貯金をしていましたが、

いちばん大きかったのは「未来への不安」だったんだと気づきました。

 

病気になったらどうしよう

怪我をして入院になったら…

会社をクビになったりしたらどうしよう

家賃が払えなくなったら住むところがなくなる…

 

その不安が大きすぎて「もしも」のためにお金を溜め込んでいたんです。

そういえば保険もたくさん掛けていました。

 

 

根拠のない自信


通帳を見ながら「将来の不安」を考えました。

 

そして

 

「大丈夫!わたしきっと入院しない!そんな気がする!」

 

本気でそう思ったんです。

今までの不安はなんだったんだろう?と不思議になるくらい

自信満々でわたしはそう思いました。

 

入院しないなら(元気なら)、働ける。

働けるうちは、きっと死なない!

 

とってもシンプルな思考ですね(笑)

 

これもすべて “元気になったから” だと思うんです。

身体が元気になったから、心が変わって、自信が持てるようになった。

それも根拠のない自信(笑)

 

 

ふたつめのターニングポイント


わたしの世界が変わるために必要なこと

 

それは

 

『身体が元気(健康)になること!』

 

それを体感して、わたしは会社員を辞めました。

 

次の仕事は決まっていません。

なにをするかも考えていません。

その状態で上司に退職願いを打ち明けました。

 

たった一度の人生、あの頃出会った人たちのように自由に生きてみよう!

毎日笑って楽しい人生を送ることに罪なんてある?

バチなんて当たらないわよ!

と、相当強気でした(笑)

 

 

Instagramをはじめる


会社員を辞めて、まず最初にわたしがはじめたことはInstagramです。

会社員を辞めて思いのほか時間ができたから

というのがはじめたきっかけですけど(笑)

 

そこで、なんとなく冷えとりの話題を出しました。

そしたら “冷えとりつながり” が生まれて、冷えとりのお話を頻繁にするようになりました。

 

IMG_1659最初は冷えとりの足元だけpost

IMG_1640下半身だけpost

IMG_1809冷えとりファッションの話題になり、首から下をpost

IMG_3623全体はどうなっているのか?ということで顔を隠してpost

IMG_8347顔を隠すスタンプを小さくしてpost

 

どんどん上に上がっていきましたね(笑)

 

Instagramを通じてお茶会や “旅する冷えとり靴下屋”をはじめることになり

完全に顔出しpostに踏み切る。

IMG_0954それでも下向き期間が長かったですね。

 

IMG_4224最近はもうカメラ目線(笑)

 

 

わたしの自意識はここまで変化しました。

 

これにはパートナー(通称:裸氏)の

 

「あなたのことなんて誰も見てないし、気にしてないよ 笑」

 

というありがたいお言葉に励まされたのも大きいです。

 

Instagramもみなさんのおかげで、この秋でスタートして丸2年になります。

飽き性のわたしが2年も続けられるなんて、当初は思いもしなかったです。

ありがとうございます!

 

 

理想の職場は見つかった?


そうそう、啖呵切って会社を辞めた件。

これについても変化がありました。

 

わたしにとっての理想の職場はたしかにどこにもありませんし、

これからも見つからないと思います。

だからといって仕方なく「会社に合わせる」というのも違うかな、と。

 

わたしが辿り着いたのは

 

理想の職場がないなら作ればいいじゃない!

 

というまたシンプルな発想です(笑)

 

職場はもちろん「仕事」そのものも自分で生み出す。

それが、今のわたしの仕事に対する理想です。

 

わたしはフリーランスを選びました。

やっぱり組織は苦手です、一匹狼気質ですから。えへ。

 

裸氏と一緒に各々が自由に活動できる、窓口は作りました。

 

わたしは旅をしながらデザインをして

旅する冷えとり靴下屋として活動し

全国の冷えとりさんに会いに行きたい。

そして「会いたい」と思ってもらえるような人になりたい。

 

それが、今のわたしが見つけた “生き方” です。

 

 

わたしの世界を変えるには


◎とりあえず街に出て、人と出会うこと!

◎身体が元気(健康)になること!

 

わたしにとって、このふたつがターニングポイントになりました。

 

◎身体が元気(健康)になること!

 

それを叶えてくれたのは、冷えとり健康法でした。

 

だけど、身体が元気になれるならなんだっていいはずです。

わたしには冷えとり健康法が合っていて

自分にとって健康になるための大切なツールではあるけれど、

他にも自分に合っている「元気になれるなにか」があればわたしは迷わず試します。

 

だって、そのたびに自分の世界が変わっていくから!

 

最近もファスティング(断食)にチャレンジして

身体の変化を感じました。もちろん元気のね!

 

IMG_3907

 

 

これから先もきっとまだまだターニングポイントが生まれるはず!

そのたびに、わたしの世界が変わった話ができますように。

 

次回は「わたしの世界が変わる」第4弾で!(笑)

 

 

 

 

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です